Interview with art student Aya Ando

Text by: Ruri Kawanami
Photo by: Mai Suzuki

We visited the atelier of Aya Ando, a 23-year old art student, who now studies at the Universität der Künste (UdK) in Berlin as an exchange student.

She is a young and ambitious artist who promised us that she would definitely come back to Berlin after her student years!

今回はベルリンの芸術大学(Universität der Künste (略UdK))で勉強する日本人アーティストの安藤綾さんのアトリエにお邪魔してきました。
明るくとても意志の強い彼女ですが、今回の大学の留学が終わってもまたベルリンに帰ってきたい!とのことです。

You studied fine arts in Japan, what motivated you to come to Berlin in the first place?

日本でも美大で勉強していたようですが、どうしてベルリンに来ようと思ったのでしょうか。

I moved around a lot while I was living in Japan, but basically I was settled in Oota, Tokyo. I had never been to Berlin before this exchange year, but liked some German artists like Gerhard Richter, and also admired my professor Zipp here at the University, that’s why I came to Berlin.

Berlin is a very chaotic city in a positive manner. I wanted to put myself in this chaos and letting myself be chaotic and wanted to give birth to some new ideas through cross-walking in the chaos. That’s what’s very inspiring about Berlin.

日本ではいろいろな場所を転々としていましたが、基本的には大田区で暮らしていました。留学以前にベルリンに来たことはありませんが、G・リヒターなどドイツの画家やアーティストが好きだったこと、そして特に今のUdKの教授であるZippの作品が好きだったのがきっかけになったと思います。
ベルリンはいい意味でもとてもカオスな環境なので、その中に自分の身を置くこと、そしてそれによって自分自身をカオスにしていく、カオスな中の交差の中から新しいアイディアを生む、そういうことが制作活動のいい刺激になっていると思います。

We heard you work with oil paintings. Can you explain us a bit about your works?

綾さんの製作している作品について教えて下さい。油絵を専門としているとのことですがどのような作品を作っていますか?

I do oil painting but my starting concept is to see and feel the invisible that is inside of everything visible. To feel the inner side, and the time that flows within and to be able to do so through arts is what I aim to do. Let’s take an example of tree rings to make it easier to understand. How a tree grows annually is not really visible from outside but inside there is a clue of growth, appearing as rings every year. I want to feel this inner side and want that other will feel it though my works. To do so, I think what’s most important is to have a solid frame. Then you sort of put flesh onto that. That is how you enable the invisible inside visible.

基本的に油絵ですが、そこには、「目に見えない内側の存在に触れる」という出発点があります。外側からは見えない内側のもの、そしてそこにに流れている時間を感じる、そういった現実世界では触れられない内側のものを絵画を通じて触れる、ということですね。例えばこれは「木の年輪」の例を出すと解りやすくなると思うのですが、木の本当の状態というのは外側だけからは見れません。内側には毎年毎年の成長の記録が年輪のが刻まれていて、そこには豊かな年輪の形がある。そんな内側を体感したいし、自分の作品を通じて体感してもらいたい。そういう欲求あります。
それを作りにはまずは骨組みが大切で、そこに沿って肉付けしていく、そういった過程を経て内側の存在が触れるようになると思いますね。

Who do you admire as an artist the most and why?

ありがとうございます。では、アーティストとして尊敬する人を挙げるとしたどなたでしょうか。

I admire Isamu Wakabayashi [we are working on a Wikipedia page, ed.], a Japanese sculptor. His attitude toward sculpture making shows his passions for his works. He has passed away already. but I heard he was a kind of an artist who was always at his atelier. I believe you should have your own reason to make art works. And from his attitude, I can feel his passion to express his reason and I think his works are therefore beautiful. I can say I’m also of such type who concentrates a lot in the atelier, so I can see some similarities and want to be like him.

若林奮という日本の彫刻家ですね。彼の仕事に対する熱意、彼のもくもくとつくる姿勢からは情熱を感じます。
もう亡くなってしまってはいるんですが、彼はずっとアトリエに籠っていたアーティストのようでした。
私は、作品を作るには理由がないといけないと思っています。そしてその制作の理由のようなものを伝える熱意を、彼の姿勢からは感じられるし、
その熱意からくる作品は美しいと思います。自分ももくもくと製作するのでアーティストとしての姿勢には似ているところがあると思うし、尊敬しています。

Tell me about your impression of Berlin and what you like about your Berliner life.

ベルリンで受けた印象はどのようなものでしょうか?ご自身のベルリン生活を振り返ってお話しください。

Berlin is a city where there still remains a lot of scars of the past wars, but not as something negative or as dirts but as historical evidences.
By letting these traces remaining in the city, people can touch upon it and think about the past and the future. There is an organic system in Berlin, in which you can look both at the past and the future.

Then, speaking of my impression in Berlin, it was this hugeness! It is so huge and the scale is very big in any sense. For example, to a simple fact like “there is a glass here” can be loaded with lot of meanings. I think every action and gesture in Berlin has a meaning.

Through interaction with people I have met here, I have come to re-think about many things too. For example when something bad happened to me, a friend of mine asked back “what was so bad about that?” I wondered if what I thought was normal and reasonable are not necessarily universal, because here in Berlin everybody has their own grounds and opinions. What’s good and bad depends also on person to person. It is a good chance to reconsider how I thought of these norms.

ベルリンは戦後の痕跡を多く残している街だと感じます。戦争の痕跡を、傷や汚れというものではなく、時間の痕跡として。
そういったものを意図的に残すことで、それを見た人が何かを思う、思いを積み重ねて街の時間が積み重なっていく、ベルリンには過去と未来の両方が見渡せる仕組みがある、そう思います。

あとは、とても空間感がでかい!ということでしょうか、第一印象でいうならば。
その空間感の違いで、例えばただ単に「ここにコップが置いてある」ということにでさえ意識が向けられる、ベルリンではひとつひとつの行為に意味が持たされている、と感じています。

ここで出会った人との交流を通じて、今まで思っていた自分の普通や理性というものを考え直すようになりました。例えば自分にとって嫌ななことがあったときに、「それのなにがいけないの?」って逆に聞き返されたことがあったんです。それでベルリンではみんながみんな自分の足で立ってる、意見を持っていると、そして、ものの良し悪しも人によって違う、とわかったんですね。そうすると今までの自分のことを考える気かっけになりますね。

What is your favourite food and where is the favourite place to go in Berlin for relaxing and inspiration?

ベルリンで好きな食べ物はなんですか?またインスピレーション受けるためによく行く場所などはありますか。

I like German beer! I like Japanese beer too, though. I guess I don’t really have to think about food when I have enough beer.

I don’t get drunk easily that much but last new years eve, when I was partying home, I was playing with fireworks inside the room. I don’t remember about doing it, but my friends had to stop me.

Where I go? I am always at my atelier or around university campus. I like going to jazz bars, too. I like the atmosphere of partying there.

ビールです!日本のビールも好きですが。ビールがあったら食べ物のことは考えなくていいくらいですね。呑んでもあまり酔わない方ですが、
この前大晦日にパーティーしていたときは、さすがに自分でも記憶がないのですが、家の中で花火をしていたみたいです。友人に止められました。

よく行くというかよく居るのはやはりUdKのアトリエですね。ジャズ・バーにもよく行きます。ここのパーティーの空気が好きです。

Aya Ando is currently working on some big oil painting works. We wish her projects will go well. BERLINIPPON is working on putting up an exhibition of her works.

Advertisements

One thought on “Interview with art student Aya Ando

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s